ブログ|豊島区駒込の不動産コンサルティングは株式会社駒光へお任せ下さい。

ブログ

梅雨明け間近に想うこと

2020.07.31

 

今年の梅雨はなかなか明けません。
当初の予報ですと、梅雨明けは例年より早いと言っていたにもかかわらず・・・。
鬱陶しい空模様が続いて、空気は酸欠で重苦しく、
それにコロナ・マスクが拍車をかけます。
冷感マスクなるものもあちこちから発売されているようですが、
これから30度超えの猛暑が昼夜問わず連日続くとなると、焼け石に水!?
マスクは熱中症を引き起こす元凶にもなりかねません。
 
自転車でひとけの無い道路を駆け抜ける時に、マスクは必要ですか?
人出の無いところを歩く時くらい、マスクを取りたいものです。
支障の無いところでは、時々マスクを外して深呼吸を。
高温多湿のなか、苦しそうにあえぎながらマスク・エチケットを遵守している人たちを見るたびに、
こちらまで辛くなります。
政府も、可能な限りマスクを取って熱中症予防につとめるよう促していますが、
なかなか浸透しませんね。
 
マスクに関しても、コロナ、ワクチンに関しても、
専門家は勿論、国民の考え方は人それぞれ。
他人に迷惑をかけず、自分で判断し、どのように対応していくか。
しばらくこの混乱は続きそうです。
 
このようなコロナ騒動の中でも医療機関を受診したり、
入院・手術を余儀なくされる方は大勢いらっしゃいます。
たまたま、ご主人が入院されたという方とお話する機会がありました。
大きな病院でも、患者と家族の面会を全面的に禁じているところもあれば、
同居の家族3人まで1日1回、ICUなら10分、一般病棟なら面会室か個室で30分までOK、
と、対応はまちまちのようです。
心臓手術をされた患者さんの奥様は、術後はおろか、
退院までひと目も面会出来ずに心配だと嘆いておられました。
別の病院でご主人が脳外科手術をされた方は、
オペ室への見送りはもちろん、術後、麻酔から目覚められたご主人とご対面、お話も出来ました。
 
昨今のコロナ状況下でどちらがどうとは決して申せませんが、
病院の外来対応も同様にまちまちです。
ある病院では診療が終わったあと、まず計算窓口に並び、
電光掲示板に番号が表示されるまで数十分、延々と待たされます。
それからまたATMのような支払機に並んで支払いを済ませます。
 
別の病院では、外来診療を終えて診療科受付を出た途端、
目の前の決済機で支払いが完了します。
その間、ほんの十数秒です。
ICT(情報通信技術)を駆使したシステムで、
計算窓口がないため人を介在することもなく、番号待ちもありません。
こうして診察が終わった患者さんは院内に留まることなく、
三密を回避して即座に帰宅できるのです。
エントランスの待合がいつもすっきりしているのはそういうわけで、
ICTはこんなふうにコロナ対策にも役立っているのでした。
 
さて、もうしばらく雨の合間をぬって、
都心の緑に癒やされながら本格的な夏の到来を待ちたいと思います。

 

 

 


 
(Photo by Hikari T.)

 


令和二年梅雨事情

2020.06.30

この鬱陶しさは梅雨独特のもの。
この雨の時期がお好きという方もいらっしゃるかもしれませんが、
大半の人が苦手な季節です。
今年は特にこの高温多湿な空気にマスクのダブルパンチで、
なんでも熱中症で搬送された方が例年の2.6倍にも及んでいるのだとか。
流石に厚生労働省も環境省は共同で「令和2年度の熱中症予防行動」を発表し、
2メートル以上離れた屋外でのマスク着用を控えるように呼びかけています。
ただでさえ高温多湿な状況下では酸素が薄くなります。
酸素不足になると心肺に負担がかかり、血圧も高くなります。
持病のある方は特に注意が必要です。
しかし、いま最も恐ろしいのは、
この数ヶ月間にマスク着用を刷り込まれた人々が、
マスクをしていない人を攻撃するという図です。
正しい情報を自分で正しく判断し、臨機応変に行動するということが、
これからの時代には必要となっていくのではないでしょうか。

都知事選まで1週間を切りました。
問題山積。
批判ではなく、政策を!

 

 

オリンピックモードに変貌を遂げた千駄ケ谷駅前。梅雨時の暗雲は何を意味するのでしょう。

 

 

 

 

 

 

あっという間に人出が戻って来たところと、そうでないところ。
選挙は国民の意志表示。
投票に!
(Photo by Hikari.T)


緊急事態宣言解除開けの東京

2020.05.29

まだまだ日常が戻ってくるわけではありませんし、自粛解除も段階的。
経済生活や家庭生活は混乱し、医療、教育も問題山積み。
しかし、季節は何事も無かったかのように移ろい、
新緑に癒やされる日々を迎えています。
籠りがちだったせいで、すっかり肉体は怠惰に。
無理なく日常にもどるために、少しずつ行動を増やしてみましょう。
自分にも他人にも気遣いながら・・・
いきなり緩みすぎはいけません。
しかし、あまり神経質になりすぎないことも大事で、
さじ加減が難しいです。

 

こんなコロナ禍のさなか、様々な法案が審議、可決されています。
個人的にはまだ時期尚早なのでは、と思うものも。
見切り発車はいかがなものでしょうか。
スーパーシティ構想なども、
国民への具体的でわかりやすい説明がもっと必要なのでは?
問題含みのマスクは宣言解除後も未だ全国に行き渡らず、
助成金、協力金、給付金支給はまだまだこれから・・・
優先順位ははたして??

 

何事も無かったかのように今年も緑の葉を茂らせる植物を眺めてしみじみ・・・

 

自然の摂理に従って人類は今日まで進化し、日常が繰り返されてきました。
あくまでも個人的な意見ですが、
人間はどんなに知能が発達していたとしても、やはり動物です。
AIやIT、医療が神の領域にまで及ぶのには疑問を抱いてしまいます。
地球上の他の動物同様に、
人間という種族にとって本来の自然な生活をすることが、
もっとも理想的なのではないでしょうか。

 

 

 

 


(Photo by Hikari Toki)


マンションのリノベーション

2020.04.28

新型コロナウイルス感染予防対策で、今年のゴールデンウィークは『STAY HOME 週間』。
家で録画を見たり、本を読んだり、家族と過ごしたり・・・
それにしても長いゴールデンウィーク、さすがに持て余してしまいますよね。
今回はこんな時こそ構想を練りたいリノベーションのお話です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

アンティークの建具を使ったり、珪藻土の壁をDIYしたり・・・
『とにかくピカピカに仕上げたくない』というのをコンセプトに、首都圏で築44年の中古マンションを購入され、
総面積約65㎡の1LDKを2LDKに見事にリノベーションされたお宅の例をご紹介します。
ご意向は工務店側にはなかなか伝わりづらく、かえってお高くついてしまったのだそうですが、
心地よい空間作りのためにインテリアや備品の一つ一つにもこだわり、
総費用約1,000万円かけて、納得のいく居住空間を実現されました。

 

IKEAのキッチン、収納、洗面台や玄関のタイル、床のフローリング材、アクセント板壁、
ダウンライト以外の照明器具、タオル掛け、ペーパーホルダー、手すり、
アンティークの内窓、収納部分の一枚板の天板。
これらは全て、業者任せにしないで、施主であるお客様が厳選されて持ち込まれたものです。
IKEAのものは、設計士さんに依頼するときから条件に入れてあったのだそうですが、
工務店の二代目社長には渋い顔をされたようです。
やはり、いつも使い慣れている国産の製品の方が規格化されていて、施工しやすいからですね。
「自分でプランニングするのも結構大変でしたし、IKEAのキッチンは万人にはお薦めしません。」と奥様。
以下、いただいた画像と共にコメントをご紹介します。

 

 

廊下側から入口ドアを撮った写真。
少しでも広く感じるようにIKEAの大きな鏡を設置。
左奥は前住人手作りの下駄箱ですが、アンティークのガラスが気に入ったので残してもらいました。
玄関床は名古屋モザイクタイルのショーウインドウで見て気に入ったスペイン製タイル。

 

 

北側寝室から見たウォークインクロゼット。

 

 

DIYで塗った珪藻土の壁。6畳ほどの部屋ですが、2人で5日かかった計算になります。

 

 

古いホテルの洗面所のイメージでIKEAの洗面台と収納、ミラーを組み合わせて。
洗面所と寝室入り口のドアは、元々あった木製のドアを塗り直してサイズ調整して再利用。
洗面用のシンクと水栓はメンテナンスを考慮して国産の製品を採用。
但し、シンクだけはこだわって陶器に。

 

 

リクシルのユニットバス。
パイプ部分にあった無駄な空間を狭め、廊下側に奥行き25cmほどの収納を作ることができました。

 

 

真ん中の洋室にも採光が欲しかったので、間仕切りに内窓を作り、その下部には高さ1mほどの収納を作りました。
窓は、古いお屋敷を解体した時に出た建材を扱っている葉山の骨董店で入手。
収納はお布団が入るサイズ110×80cmで、その骨董店にあった杉の一枚板の座敷机の天板部分を利用。
天板裏側の反り防止の木も、外さずそのまま使っています。

 

 

古い窓の塗装ははがれている所もありますが、敢えてそのままに。
それに合わせて、角の柱や窓枠等は全て、木目の浮き出る拭き取り仕上げに。

 

 

リビング側から中央の洋室を見たところ。アンティークの錠前。

 

 

キッチンには換気扇用の大きなダクトを隠す際にできた空間を生かして、棚を作ってもらいました。
グラスやマグカップくらいは置けそうです。

 

 

トイレは配管の位置が変えられなくて最小限の空間になりましたが、
敢えてペーパーホルダー等の小物は量感のあるものをネットで購入して取り付けてもらいました。

 

 

リビングの掃き出し窓の両側にある壁には、板壁を張ってもらいました。
これはオーク材のフローリング材に名栗加工を施したもの。
フローリングを施主支給した際、その会社でオーダーできました。

 

 

リビングにはキッチンとお揃いのIKEAの収納。
木に合う、グレイッシュなグリーンが気に入って。

 

以前、伊豆の家を建ててもらった工務店の棟梁(一代目社長)が、
今回もほとんど一人で面倒な造作も嫌がらずにやってくださったとのこと。
有り難いご縁にも恵まれました。
しかし、棟梁もなんと御年80歳とか。
木の良さや手仕事の価値を知る職人さんが段々といなくなられるのは、何とも寂しい限りです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いかがでしたか?
リノベーションの面白さを少しでもお伝えできましたでしょうか?
この前代未聞のGWが、私たちひとりひとりに真の豊かさとは何かを考えるきっかけになること願って・・・

 


 
4月某平日昼過ぎの、都営地下鉄車内にて。回送車でも当駅止まりでもなく・・・
(リノベ部分を除くPhoto & Text by Hikari Toki)


3月季節外れの雪の日曜日に

2020.03.29

 

3月も最期の日曜日だと言うのに、朝から降雪に見舞われた東京都心。

横殴りの雪が激しく降り、せっかくの桜も舞い散り、

いつもは遠くに見えるスカイツリーも高層ビル群も真っ白な空に消えてなくなりました。

 

 

20度以上の初夏の陽気になったかと思うと、いきなり前日比マイナス20度の寒さに!

体調を崩さないほうが不思議なくらいです。

ましてや、今、世界中を震撼させている新型コロナウィルスの猛威。

風邪なのか、単なる体調不良なのか、コロナウィルス感染初期なのか不安にかられていらっしゃる方も。

とにかく、身を守るのはあくまで自分自身です。

感染しないように気をつけるのは勿論、もしかしたら自分が既に感染している可能性もあるという認識を持ち、

体温、症状の変化を把握し、手洗い、うがい、消毒、

感染の可能性が高い場所や時間帯・行動を避ける、など、一人一人が気を配ることが大切です。

小池都知事から、今週末(3/28、29)は不要不急の外出を控えるようにとの自粛要請がありました。

通勤、通学、通院、物流、商用、その他ありとあらゆる面で密接に関わりがある首都圏の各都県は、

どの自治体も深刻です。

昨日届くはずの宅配便が、夕方日が暮れてもなかなか来ず、集荷依頼した業者もなかなか来ない。

これもコロナウィルスのせいで人手不足か何かあったのかと疑ぐりましたが、

実はこの週末は、年度末最後の週末、引越しのピークだったのです。

朝から晩まで配達しても配達しきれないほど荷物が滞っていると嘆くドライバー。

入学、卒業、就職、転勤、移動!!

世の中は休みなく動いているのです。

実際、弊社社長田中も物件の斡旋、仲介、契約などで走り回っておりました。

しかし、休める人は休んで、自宅での楽しみを見つけてみませんか?

普段なかなかできないこと、趣味や娯楽、撮りためた録画を見たり、ちょっと部屋の模様替えをしてみ

たり、道具の手入れをしたり。

働き方改革と同時に暮らし方改革もできそうです。

 

 

そして、経済的には非正規従業員、フリーランス、個人事業主の方々の救済!

名指しをされたライブハウス、飲食店、バー、カラオケ屋さんは既に休業、廃業の危機に追い込まれて

いるところも。

せめて家賃分の救済が欲しいとの声もあちこちで聞かれます。

イベントや興行が中止されて収入がない役者さん、ダンサー、演奏家、スタッフの方々など、

このような職業の方の救済は、首相の口からは3月末時点では全く伝えられていません。

オリンピックも延期が決まり、今こそ国が、世界が1つになってこの受難を乗り越えなければなりませ

ん。

国民を盾に政権を守るのではなく、国民のためにご自身が盾になる首相であってほしいと願うばかりで

す。

 

 

(Photo by Hikari Toki)


不要不急の外出

2020.02.28

こんな状況なので出かけられない、出かけたくない。
体調も今ひとつだし、風邪だか花粉症だかわからない。
インフルエンザかも知れないし、まさか(^ー^;)?
 
今、日本中がこんな感じになっています。
とりわけ、どこにいっても人人人で溢れ、
満員電車に乗らざるを得ない東京都心では事態は深刻です。
不要不急の外出を控えろと言われても仕事を休むわけにもいかず、
在宅勤務できるのは一部の大企業や職種に限られます。
また、学校を休校にしてインターネットで授業をすることもできるとはいえ、
そのような対応ができる学校は少数ですし、
小さなお子さんを休ませるとなると、仕事を休まざるを得ない親御さんもあり、
社会的、経済的な問題も出てきます。
 
不動産業は何かと動きの激しいこの時期、
お客様にもお引越しや異動のご都合があります。
まさかインターネットで物件案内をして、動画を見せながら内見してもらう?
最寄りの駅から物件までの道のりや周囲の雰囲気も動画で配信?
そんな時代がいつしか来るのかなあと漠然と考えることもありますが、
やはり大半の時間を過ごす住まいは大切。
そんなに簡単にはいかないものです。
 
政府には感染拡大を最小限に抑えるのはもちろんのこと、
不安を煽ることの無いよう、冷静かつ迅速な対応を望みます。
メディアの報道姿勢も気になります。
 
今週は所用があり、都電荒川線に乗って荒川区町屋〜宮ノ前を訪れました。
世の中の騒ぎとは裏腹に、
区民の足としてガタゴト走る都電はお年寄りやベビーカーの母子で賑やか。
個人的には荒川区といえば日暮里、西日暮里くらいしか訪れることがなかったのですが、
あまり馴染みのない都電界隈、のどかで便利で意外に住みやすいかも知れないと思いました。
王子で東京メトロ南北線、町屋で千代田線、熊野前で舎人ライナーに接続していますし、
バス路線もあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


春を待ち望む日々

2020.01.30

1月某日。
 
新型コロナウィルスによる肺炎感染が拡大する中国武漢。
現地に滞在する日本人、
政府のチャーター機で帰国し医療機関や宿泊施設に移送される人々、
日本国内に旅行した中国人からの感染経路など、
予断を許さない状況が続いています。
 
まだまだ1月末だと言うのに、まるで春のような暖かい1日。
街のいたるところに春の気配を感じることができましたが、
このように世の中には問題が山済みです。
一日も早く終息することを祈るのみです。
 
小春日和の南青山、商業地と住宅地の混在する路地にて。
ネコもこの街のれっきとした住人。
 

 

 


 
定刻なのか、全員集合。門の中にはちゃんと3匹分の食餌が用意されていました。
 

 
フレンチブルドッグの女の子は、大福屋さんの前でお留守番。
あまおうの苺大福はこの時期の一番人気で、お昼過ぎには完売でした。
 

 


 
新しい年2020年の夏にはオリンピックが開催され、
「東京に暮らす、東京に滞在する」ということを意識する年になりそうです。
アスリートでは、元NBAのスーパースター、コービー・ブライアント氏が、
過日、自家用ヘリコプターの墜落事故で不慮の死を遂げました。
ご冥福をお祈りするとともに、
世界中からアスリート達が一堂に会するオリンピックが、
平和のうちに無事開催されることを心より願います。
(Photo by Hikari Toki)
 


Merry Christmas!そして良いお年を!

2019.12.25

あっという間に今年も1年が過ぎようとしています。
時代は平成から令和へ。
あちこちで自然災害が多発し、消費税も増税。
一方で2020年東京オリンピック開催に向けて、準備が着々と進められてきました。
問題含みの1年でもあり、新しい時代への幕開けでもあり…
さて、来年はどんな1年になることでしょう。
物事の本質を見極めることの重要性が問われることを期待します。
税金の使いみち、誰のためのオリンピックなのか、原発事故処理問題、膨大な軍事費、自然災害対策、地球温暖化への取り組み、
年金問題、プラスチック、モンサント・農薬・遺伝子組み換え…
私たち国民も無知ではいられません。

今年最後の駒光フォトブログ。

 

 

 

 

 

 

クリスマスをお祝いするにあたって、先月訪日されたローマ教皇フランシスコの言葉を…

「何のために生きているかに焦点を当てて考えるのは、それほど大切ではありません。
肝心なのは、だれのために生きているのかということです。」

Merry Christmas!
そして、良いお年をお迎え下さい。
本年も一年、当ブログをご覧いただき、ありがとうございました。

 


(Photo by Hikari Toki)


暮らしの中で見つけたちょっといいもの

2019.11.30

夏からいきなり冬になった感じの今年の11月。
温暖化の影響で環境は大きく変化し、
日本ならではの四季折々の風情も様子が違って来ました。
なんと秋にツツジが咲いたり、スギ花粉が飛んでアレルギーに悩まされたり、
植物もいつ開花すれば良いのか混乱している様子。
今秋はイネ科とスギ花粉のダブルパンチでお困りの方もいらしたのではないでしょうか?
おまけに風邪もインフルエンザも流行の兆し。
どなた様も予防に努め、ご自愛下さい。

それでも確実にやってくる紅葉の季節には、やはり晩秋のノスタルジーを感じずにはいられません。
寒さが一段と増す季節ですが、何か心温まるちょっと良い映画をさがしてみました。

『幸せなひとりぼっち』
世界30カ国でベストセラーとなったフレドリック・バックマンの小説を映画化した、
スウェーデンの大ヒット映画です。
奥さんに先立たれ希望を見いだせなくなった頑固な老人が、
新しい隣人を迎え入れることで再び生きる希望に恵まれ、
自分の人生を見つめ直していく姿をユーモラスかつ詩情たっぷりに描いたヒューマンドラマです。
日本でもミニシアター系映画館で2015年に上映されていましたが、
現在ではAmazonプライムやU-NEXT、Netflixの動画配信サービスでご覧になれます。
現代を生きるのに沢山のメッセージを与えてくれる、そして、北欧ならではの街並み、
シンプルだけどおしゃれな部屋の家具にも癒やされる映画です。

 

 

 

 

 

 

北欧の雰囲気は、せかせかしていなくてゆっくりと時が流れていく感じがしますね。
忙しい東京の街中でも、まったりとした北欧テイストの雰囲気に出会うことができます。

 

 

 

 

 

ナチュラルフードのカフェにてキノコのすり下ろしと玄米のスープ!とても美味でカラダも温まります。

 

 

今年もあとひと月で終わり。
益々慌ただしい日々になりますが、少しは休むことも大切です。
たった1杯の珈琲、1本の映画、いつもと違う道を散歩するだけでも心癒やされることがあります。
これから年末に向け、どなたさまもお体にお気を付けてお過ごし下さいませ。
(Photo by Hikari Toki)

 


台風被害に遭われた方々へ、心よりお見舞い申し上げます。

2019.10.30

 

地球温暖化の影響もあり、近年、想定外の自然災害に見舞われている日本列島。
強大な台風に伴う暴風雨、想像を絶する降水量は、
土砂災害や河川の氾濫、浸水を巻き起こし、
多くの人命を奪い、建物やライフライン、人々の暮らしに致命的な被害を与えました。
亡くなられた方々のご冥福を心よりお祈りすると共に、
被災者に一日も早く平安な暮らしが戻りますよう、切望致します。

実害に及ばなくても、都心でも避難勧告が出されたエリアも多く、
不安な時を過ごされた方も多かったと思います。
珍しく食料や水、簡易トイレ、養生テープなどを買い込むお客さんが行列し、
10月11日金曜日の午後から夜にかけて、
コンビニ、スーパーの陳列棚は空っぽになりました。

私も自宅マンションの窓ガラスが飛来物で割れて飛散しないように、
内側からも段ボールを張り、テープで留めました。
もちろん、よそ様にもご迷惑がかからないよう、ベランダのものは、
物干し竿、観葉植物、園芸用品、掃除道具、荷物運搬用の台車、置物ほか、
全て室内に移動しました。
万が一の時に備えてお風呂に水を張り、
カセットコンロ、ラジオ、ろうそく、懐中電灯など、防災用品を用意し、
トイレの水の逆流には水嚢を作って対処しました。
マンション12階に住む我が家では夜中に逆流が起こり、これが大変役に立ちました。
大きめのスーパーの袋などに水と空気を入れて膨らませ、便座の中に入れるだけで収まりました。
それでも河川氾濫の避難勧告が出続けていましたので、本当に不安な一夜を過ごしました。

これからの時代は、地震はもちろん、普段からあらゆる災害を想定して、
ハザードマップや避難場所の確認などとともに、
最低限の準備をしておくことは大事です。
そして正しい知識と情報の収集、これが明暗を分ける鍵になるように思います。

タワーマンションの問題もあらたに浮上して参りました。
タワマンとは、一般的に高さ60メートル以上、もしくは20階建て以上の高層マンション。
1990年代後半から増え始め、近年大幅に増加しています。
ロケーションのよい高層階は人気も出て、上層階は即日完売状況です。
建築基準法では、60メートル以上の建物を建てる場合は地震波での変化を厳しく検証し、
基準値以上の風速に耐えられる構造にすることが義務付けられています。
ただし、これまでは水害について一律に求められる基準はなく、
大半のタワマンは、スペースの有効利用のため、配電盤が地下に設置されてきました。

このため、この度の台風19号で浸水したタワマンは、
地下にある配電盤が浸水で壊れ、停電と断水が続いて、
住民はエレベーターの止まった高層階からの一時避難を強いられることになったのです。
高齢者、介護者、病気や怪我をしている人、妊産婦、小さなお子さん、障害者の方もお住まいです。
これからハイリスク・エリアのタワマンは、地震対策と同様に浸水対策の強化、
また地上に配電盤を置くといった設計も考えるべき時代になったのかもしれません。

全てがこれまでには考えられなかった想定外の事象ですが、
災害時の危機管理が本当に大事な時代に突入しました。
これからも、できる限り安心安全な住まいを斡旋、提供する不動産会社として、
より確かな知識と情報をお客様にお伝えしていければと思っています。

 

 

 

 

 

 

(photo by Hikari Toki)


1 / 3123