ブログ|豊島区駒込の不動産コンサルティングは株式会社駒光へお任せ下さい。

ブログ

オリンピックと平和を考える8月

2019.08.28

今年は春先から低温が続いていましたので、
梅雨明け後の急な高温多湿に体がなかなかついていかず、
気温のわりに厳しい夏となりました。

来年の東京オリンピックは、ちょうど梅雨明け猛暑の時期です。
コンクリートとアスファルトに囲まれた、都会ならではの息苦しいほどの蒸し暑さ。
はたして大丈夫でしょうか?
アスリートのみならず、国内外からの観客の熱中症対策、
さらにそれに伴う救急搬送手段や医療関係者、医療機関の確保は、
日常的に搬送される怪我人や急病人への対応にも支障が出る可能性があります。

地球温暖化がすすむ昨今、湿度の高いトウキョウでの真夏のオリンピックは無謀です。
秋にシフトできないのは、IOCが最大の収入源である米国のテレビ放映料を当て込んでいるためだとか。
米国では秋になるとバスケットボールやアメリカンフットボールなど人気プロスポーツが目白押し。
そのため、メディアが閑散期の夏にオリンピックの開催を要求しているのです。
巨額の金銭が動いて、年々華美になっていくオリンピック。
経済効果優先のために、選手はもちろん、人々の健康が犠牲になっては本末転倒です。
今後も温暖化はおさまりそうにありません。
開催にお金がかかれば、候補地も限られてきます。
近い将来、オリンピックの開催時期と予算が再検討されることを願ってやみません。

そんなことを気にしながら過ごしたこの8月も、あとわずか。
夏のオリンピックでひとつだけ期待できることは、
広島、長崎の原爆記念日を大会期間中に迎えることです。
唯一の被爆国である日本から世界中に、平和の尊さを発信できる貴重なチャンスです。
国を超えてスポーツを楽しめる喜び!
この平和が恒久に続くよう、
全世界が決意を新たにする大会になることを心から切望します。

 

 

 

 


(Photo by Hikari Toki)

 


夏到来

2019.07.30

7月も終わろうというのに、なかなか梅雨明けしない関東地方でしたが、
湿度の高い、鬱陶しいお天気が続き、
そのまま梅雨明けとなりました。

都心のあちこちで、道路工事や新しい建造物の建設が、来年のオリンピックに備えて進んでいます。
そんな東京の街ですが、夏の太陽にむかって誇らしげに咲く花を見つけることもできます。
今年の夏も厳しい暑さになりそうですが、
皆様、熱中症にはくれぐれも気をつけて素敵な夏をお過ごし下さい。

 

 

 


(Photo by Hikari Toki)

 

 

 

 

 


六月の景色

2019.06.30

 

 

 

鬱陶しいお天気が続きます。
酷く蒸し暑い日があったかと思うと、梅雨寒に思わず鳥肌が立つような朝夕も。
そんな六月の東京の景色を・・・

それにしても六月は梅雨時なのに『水無月』とは。
本来は陰暦六月の異称ですから、現在の陽暦六月とは時期がずれており、
2019年『水無月』の正確な日付は7月3日から7月31日まで。
なるほど・・・

その由来には諸説あるようですが、
水無月の『無』は『の』を意味する連体助詞であり、
梅雨明けで水がたっぷりある『水の月』であるとする説が有力とのこと。

しかし、逆に厳しい夏を迎えて水が干上がるから、
また田に水を引くため水が無くなるから水無し月、という説もあるようです。
自然に密着していた古来の日本では、その年により、また地方により、
異なる解釈をしていた時期だったのかも知れません。

 

 

 

 

 

もう少し雨の季節は続きそうです。
鬱陶しくもありますが、植物の上に落ちる美しい雨しずくを、
しばし愛でていたいような気もします。
家屋の雨対策、お部屋の湿気対策は怠りなく。

(Photo by Hikari Toki)


ブログ:新HP公開のお知らせ

2019.05.31

真夏のように暑い日があったかと思ったら、ひんやりした風の吹く日があったり、
体調管理に苦労する今日この頃です。
弊社の新しいホームページ、現在、最終確認修正中です。
今月中に新しいホームページからブログもお届けする予定でしたが、
日々の業務に追われて、間に合いませんでした。
追ってお知らせいたしますので、もうしばらくお待ち下さいませ。

 

 

 

東京メトロ外苑前駅から神宮球場あたりには、古い雑居ビルが立ち並んでいます。
神宮球場も狭くて老朽化。
新神宮球場は現・秩父宮ラグビー場のあとに2027年中の完成をめざし、
球場にホテルを併設するプランも浮上しており、
ヤクルトの本拠地で新たな『ボールパーク』化構想が進んでいます。
その後、神宮球場を取り壊して、新秩父宮ラグビー場の観客席を増設。
合わせて商業施設や宿泊施設も建設し、
2030年秋をめどに全体の計画を完了する予定だそうです。

 

球場内外のエンターテインメント性を高める環境整備を施し、
自治体や企業が連携して球場を中心とした街作りを行うのは、
スポーツビジネス大国、米国のトレンド。
東京のど真ん中でそれが進むとなると、さて、読売グループと資本関係のない築30年の東京ドームシティは、
その老朽化、陳腐化に、どう対処するのか。
読売巨人軍は、築地市場の跡地に本拠地を移転する案もあるとか。
それにしても、味わい深い東京の町並みや施設が次々消えて近代化、巨大化していくのは、
何とも寂しい気がいたします。
昭和、平成、令和、と新しい時代に移り変わっても、次代に残したい東京は確かに存在するものです。

 

先日の神宮球場、ヤクルトvs広島戦。

 

 

 

『東京に、家を持とう。』
こんな所に大きく謳ってあるなんて!
大都会東京に家を持つことが夢ではなく、当たり前の現実であってほしいものですね。

 


(Photo by Hikari Toki)

 


平成から令和へ

2019.04.30

平成から令和へ。
今年のゴールデンウィークは、特別な休暇となります。
平成を偲びつつ、新たな時代への期待と希望を抱き、
準備をはじめられる方も多いことでしょう。
もちろん、特別何も変わらないとおっしゃる方もいらっしゃることでしょう。
それぞれの令和。
株式会社駒光も、新しい時代に向けて新たな環境を整備中です。
ネット環境、ホームページ等、詳細はまた次回、お知らせ致します。

 

 

 

 


(Photo by Hikari Toki)

 


春がやって来ました。

2019.03.30

初夏のように暖かかったり、冬の戻りのように肌寒かったり。
それでも毎年、春の訪れを告げる花々は開花し、
私たちの目を楽しませてくれます。
もうじき4月、新しい年度の始まりですね。
春の花を愛でながら、気落ちもリフレッシュ!

 

 

 

 

 

 

 

犬もお花見が大好きなようです。
花冷えにはくれぐれもご注意ください。
(Photo by Hikari Toki)


もうすぐ春です。

2019.02.27

春のような陽気のあと突然雪が舞ったり、そんな2月ももうじき終わり。
今年はインフルエンザも大流行。
体調を崩されてご苦労された方も多かったようです。

 

 

 

 

 

2月後半、東京の景色も空気も少しずつ春めいてまいりました。

 

 

卒業、入学、就職、転勤・・・巷は移動の時期でもあります。
不動産業界は一年で一番あわただしい季節を迎えておりますが、
株式会社駒光は、独自の路線で日々の業務に追われております。

 

 

弊社はこのたび、オフィスを使いやすくリフォーム致しました。
新しいスペースでこれからも皆様のお役に立ちたいと思っております。
(Photo by Hikari Toki)


下町巡り

2019.01.30

早いものでもうすぐ1月も終わり。

暖冬と言えども寒さが堪えます。

先日、下町・住吉界隈を歩いてきました。

おしゃれな街を歩くのも楽しくて良いですが、

スカイツリーの見える至便な下町もなかなかの風情があり、良いものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新しく生まれ変わったJR錦糸町駅も徒歩圏、

通勤通学に便利な都営新宿線、東京メトロ半蔵門線住吉駅至近のこの町には、

近年、マンションも次々と建設されています。

意外に暮らしやすそうです。

ご興味のある方、一度散策されてみてはいかがでしょうか。

(Photo by Hikari Toki)

 


恵比寿ガーデンプレイスの12月

2018.12.29

年の瀬も迫る師走12月。
何かと慌ただしくなり、イベントも多いのに、
急に寒くなり、一年の疲れも出て、身体がついて来ません。
断捨離に大掃除は普段からやっておけば良かったと後悔。
そんな毎日ですが、
ちょっとした感動や楽しさ、喜びなどでテンションをあげています。

 

 

 

モノクロで魅せるマイケル・ケンナ写真展は1月27日(日)まで。
東京都写真美術館にて。

 

 

 

 

冬の風物詩、世界最大級バカラシャンデリア。

 

今年一年、皆々様には大変お世話になり、誠にありがとうございました。
来年も誠心誠意、皆様のお力になれるよう努力していく所存ですので、
より一層のご支援、ご愛顧を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。
良いお年をお迎えくださいませ。

(Photo by Hikari Toki)


もっと光を。

2018.11.29

木枯らしが吹き始め、日が暮れるのが早くなると、毎日の暮らしに明るさと光が欲しくなります。

 

 

 

殺風景な壁にはちょっとした工夫を。気分も明るく、楽しくなるというもの。

 

 

白い壁をキャンバスに見立てて、さらに色々足してみます。

 

 

 

窓辺にはグリーンを。窓越しの光は優しく、心を穏やかにしてくれます。

 

 

 

食卓は思い切り明るく、お料理にもテーブルウェアにも工夫を。

 

 

 

こんなお店を見つけました。色とりどりの電球、どんなふうに使いましょうね?
クリスマスシーズンは、すぐそこまで来ています。 (photo by Hikari Toki)


1 / 212